総量規制対象外カードローンはどこ?

今まで消費者金融でお金を借りていた人も、収入の3分の1以上の借入はできません。そのため、融資限度額の残額が少なくなると別の消費者金融に申込をする必要が生じます。しかし、他の消費者金融に融資の依頼をしても、信用情報機関に照会することで現在の借入残高は判明してしまいます。そのため、思ったような借入をすることができないのです。

この場合、総量規制対象外の銀行カードローンを利用することで、消費者金融より高い融資限度額をゲットすることが可能です。つまり、銀行カードローンに借り換えをするのです。銀行系カードローンは敷居が高いからと躊躇している人も少なくないようですが、自分の取引銀行であれば案外審査は通ります。取引が長い顧客を大切にするのが銀行の特徴です。

この方法で借り換えをする際は、できるだけ早いうちに決断した方が賢明です。なぜなら、銀行系カードローンも審査をしますから、債務残高が大きい顧客に対しては審査結果が厳しくなるためです。総量規制の限度に近くなってきたかなと思ったら、その時点で銀行カードローンへの借り換えを検討するタイミングだと言えるのです。

また、借り換えだけが目的であれば、消費者金融が企画しているおまとめローンも選択肢の一つです。消費者金融のカードローンをいくつも利用して、返済が厳しかったり面倒だったりした場合は、このようなおまとめローンを利用することで返済を一本化することができます。

おまとめローンは、基本的に追加借り入れができないので借り換えの際には自分の収入と生活費のバランスを考えて返済額を決定する必要があります。これができないと、おまとめローンの返済が滞ってしまい、借り換え自体が失敗に終わってしまいます。